【防府】阿弥陀寺あじさい祭りの見頃と開花状況は?駐車場やバスの情報についても

【防府】阿弥陀寺あじさい祭りの見頃と開花状況は?駐車場やバスの情報についても 山口県
記事内に広告が含まれています。

防府市にある阿弥陀寺(あみだじ)で開催される、あじさい祭りの見頃と開花状況についてご紹介します。

駐車場やバスの情報についてもお話ししていきますね。

2023年の阿弥陀寺のあじさいの開花状況は、6/16に満開でした。

◆ あじさい祭りの期間
6/1~6/30 8:00~17:00
◆ 料金
大人200円 団体150円 中学生以下無料 ※団体は20名以上

※あじさい祭りの期間だけ入山料がかかります。

あじさいだけでなく、自然が美しく少しハードですがお散歩気分で歩けました♪

ゆっくりまわって、1時間かからないくらいでした。

本文にて詳しくお話していきますね。

【防府市】阿弥陀寺あじさい祭りの見頃と開花状況は?

あじさい満開

2023年の阿弥陀寺のあじさいの開花状況は、6/16に満開でした。

毎年阿弥陀寺のあじさい祭りの見頃は、6月の第3週日曜日頃とのことです。

そのころは人出もピークになりますので、その少し前か少し後がおすすめですよ^^

ピーク時の土日は、駐車場もかなり混み合い満車になることもあります。

【防府市】阿弥陀寺あじさい祭りの駐車場やバスの情報について

阿弥陀寺あじさい祭りの駐車場やバスの情報についてご紹介します。

阿弥陀寺あじさい祭りの駐車場について

阿弥陀寺駐車場

阿弥陀寺に到着して正面すぐ左側が駐車場です。平日でも誘導員の方がいるので分かりやすいです♪

一方通行ですので、気をつけてくださいね。

阿弥陀寺の駐車場は、無料です。約150台が停められますが、第3週目の土日には満車になることもあります。

ピーク時には、近くの農業大学に臨時駐車場が設けられることもあります。

阿弥陀寺あじさい祭りに行けるバスはある?

阿弥陀寺へバスで行くには、JR山陽本線「防府駅」から直通で行けます。

防府駅からバス停「阿弥陀寺」まで約20分です。

バス停は、阿弥陀寺のすぐ近くなので便利ですよ。

駐車場が満車になるピークの時期には、バスで行くほうがスムーズに入れる可能性もあります^^

【防府市】阿弥陀寺のあじさい巡りと見所について

ここからは実際に阿弥陀寺を巡った、あじさいと見所について写真つきでレポートしていきますね。

阿弥陀寺を巡った①仁王門をくぐって石風呂へ

仁王門

阿弥陀寺入り口で料金を支払い、入るとすぐに竹の杖がありました。

その時は気づきませんでしたが、石畳が続きアップダウンもあるので運動不足の方は竹の杖を借りましょう!

木々に覆われていて日傘は必要ないくらいでしたよ^^

入り口からまっすぐ仁王門をくぐり、すぐ右側の通路を進むと石風呂がありました。

石風呂

石風呂体験
毎月第一日曜日 (薪代300円)で体験できます。
仁王門をくぐり、左側は憩の広場になっていてあじさいの販売をしていました。

阿弥陀寺を巡った②かんのんばしを通って本堂へ

かんのんばし

石風呂から順路に戻って仁王門から真っ直ぐかんのんばしを登っていくと山門があり、本堂へと続いています。

川の音が響いていて癒やされながら、歩けました♪

山門前の左側にあじさい園、右側に霊石と呼ばれる鎌倉時代の偉人が腰掛けたといわれている石がありました。

霊石

多くの人は、あじさい園へ行き霊石側に人はいませんでしたが、景色が綺麗でした^^

しかも鎌倉時代からある「霊石」すごくパワーがありそうで拝みました!

阿弥陀寺を巡った③本堂から御朱印・かわらけ投げへ

本堂から左

本堂を正面に左側に進むと、たくさんのあじさいと御朱印受付がありました。

順路は右側へと進みます。本堂裏には睡蓮がきれいに咲いていました。

川が流れており半夏生(はんげしょう)が群生していて綺麗でした。あじさい以外にも自然が素晴らしいです。

その先に進むと、かわらけ投げ(1枚100円)がありました。

投げて厄落とし、輪っかに通ると願いが叶うそうです。

かわらけ投げ

挑戦している人がいましたが、なかなか苦戦してました^^;

阿弥陀寺を巡った④水かけ五大尊へ

水かけ五大尊

かわらけ投げから順路通り右側へと、進むと水かけ五大尊が並んでいました。

清らかな水をかけることで煩悩を洗い流し、病気平癒、厄除け、所願成就、ぼけ封じ、先祖供養を祈願できるとのことです。

皆さん水を豪快にかけまくっていました。私も水をかけて祈願してきました。

阿弥陀寺を巡った⑤鐘楼から入り口へ戻る

あじさい園から

帰り道1️⃣パターンは、水かけ五大尊から順路通り、鐘楼まで進むと本堂まで戻りあじさい園へ進み入り口へ戻るのが順路通りです。

あじさい園から入り口までは、アスファルトで歩きやすくあじさいを見ながら歩けます。

帰り道2️⃣パターンは、鐘楼から、まっすぐ山道を降りることもできます。

入り口近くに繋がっています。石が歩きにくいですが、樹齢300年を超えるヤマモモ大樹があったり、自然の中を進むのも気持ちよかったです。

帰り道2つのパターンをご紹介しました。

阿弥陀寺のトイレは3か所

阿弥陀寺にはトイレが3か所ありました。

  • 入り口
  • 憩の広場
  • 本堂横のあみだばしを通ってすぐ左側

憩の広場にあるトイレは、工事現場にあるようなトイレでした。気になる方は他へ行ったほうがいいと思います。

【防府市】阿弥陀寺あじさい祭りの見頃と開花状況は?駐車場やバスの情報 まとめ

阿弥陀寺の川

防府市にある阿弥陀寺(あみだじ)で開催される、あじさい祭りの見頃と開花状況についてご紹介しました。

駐車場やバスの情報についてもお話ししました。

2023年の阿弥陀寺のあじさいの開花状況は、6/16に満開でした。

◆ あじさい祭りの期間
6/1~6/30 8:00~17:00
◆ 料金
大人200円 団体150円 中学生以下無料 ※団体は20名以上

※あじさい祭りの期間だけ入山料がかかります。

運動不足な私でもゆっくりまわって、1時間かからないくらいでしたよ。

ピーク時の土日は、駐車場が満車になることもあるくらい混雑します。

少し時期をずらしていくのがおすすめだと感じました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント