除湿機コンプレッサー式とペルチェ式の違いを比較!6つの違いとおすすめはどっち?

除湿機コンプレッサー式とペルチェ式の違いを比較!6つの違いとおすすめはどっち? 生活家電
記事内に広告が含まれています。

除湿機のコンプレッサー式とペルチェ式の違いを比較して徹底解説します♪

また、比較した6つの違いとおすすめはどっちかについてもお伝えしていきますね。

コンプレッサー式とペルチェ式除湿機の6つ違いを比較しました。

1.コンプレッサー式とペルチェ式とは?
2.除湿機能を比較
3.音の静かさを比較
4.電気代を比較
5.値段を比較
6.室内温度の上昇を比較

最近、コンプレッサー式とペルチェ式除湿機の違いをよく理解せず購入してしまい失敗しました^^;

違いをきちんと理解した上で、購入することをおすすめします♪

本文にて詳しくお話していきますね。

✅今回比較した除湿機は、最近購入しましたこちらを参考にしています。

◆コンプレッサー式除湿機

▼関連記事はこちらです♪

ビアンカプラスコンプレッサー式除湿機の口コミレビュー!電気代と音の静かさは?

◆ペルチェ式除湿機

コンプレッサー式とペルチェ式除湿機の6つ違いとは?

コンプレッサー式とペルチェ式除湿機の6つ違いを比較しました。

1.コンプレッサー式とペルチェ式とは?
2.除湿機能を比較
3.音の静かさを比較
4.電気代を比較
5.値段を比較
6.室内温度の上昇を比較

コンプレッサー式除湿機とは?

コンプレッサー式除湿機とは、コンプレッサー(圧縮機)を利用した除湿機です。

湿った外気を取り込んで、空気を冷却して水分を結露して取り除きます。水はタンクにたまり、乾いた空気を放出します。

室温が高いと効果が高くなり、冬場の室温が低いときには除湿量が減ります。梅雨や夏場にはピッタリの除湿機です。

ペルチェ式除湿機とは?

仕組みはコンプレッサー式と同じですが、ペルチェ素子(半導体冷却シート)を利用する除湿機です。ペルチェ素子(半導体冷却シート)の数で除湿機能が上がります。

湿った外気を取り込んで、空気を冷却して水分を結露して取り除きます。

室温が高いと効果が高くなり、冬場の室温が低いときには除湿量が減ります。

コンプレッサー式とペルチェ式除湿機の除湿機能を比較

コンプレッサー式とペルチェ式除湿機の除湿機能を比較しました。

コンプレッサー式除湿機の除湿機能は?

コンプレッサー式除湿機の除湿機能は、かなり高いです。

12畳の部屋で、1時間もかからずに湿度80%→60%(除湿能力:1日/7L)も除湿できました。

部屋干しは1~2時間で乾くので、部屋干しの嫌な臭いもなくなりました。

5時間で水は、1.6Lたまりました。

ペルチェ式除湿機の除湿機能は?

8畳の部屋で、5時間計測しましたが、扇風機を併用して湿度80%→81%(除湿能力:1日/1L)という結果でした^^;

湿度80%→82%→81%と1%程度上がったり、下がったりしていました。

5時間で水は、100ml程たまりました。

コンプレッサー式とペルチェ式除湿機の音の静かさを比較

コンプレッサー式とペルチェ式除湿機の音の静かさを比較しました。

コンプレッサー式除湿機の音の静かさは?

コンプレッサー式除湿機の音の大きさは、約36db~40db(デシベル)除湿機楽天ランキングの除湿機参考)と最近では静音設計になっています。

一般的にコンプレッサー式除湿機の音が大きいイメージがあると思いますが、正直8畳の部屋で稼働すると両者の音の大きさは同じくらいに感じました。

コンプレッサー式の方がモーター音(冷蔵庫の音みたい)で聞き馴染みがあり、違和感がないです。

▼関連記事はこちらです♪

ビアンカプラスコンプレッサー式除湿機の口コミレビュー!電気代と音の静かさは?

ペルチェ式除湿機の音の静かさは?

コンプレッサー式除湿機の音の大きさは、約35db~39db(デシベル)除湿機楽天ランキングの除湿機参考)と静音設計になっています。

静かだと思って購入しましたが、ゴゥーーと意外と音が大きいです。テレビの音も聞きづらく、雑音のように感じて慣れるまで違和感がありました。

以上、コンプレッサー式とペルチェ式除湿機の音の静かさを比較しましたが、音の大きさ自体は変わらない印象でした。

正直、音が大きく感じても湿気が下がるなら許せます^^

逆に湿気が下がらないならただうるさいだけなので、ペルチェ式除湿機はそういう意味でもクローゼット向き(人がいない空間)です。

コンプレッサー式とペルチェ式除湿機の電気代を比較

コンプレッサー式とペルチェ式除湿機の電気代を比較しました。

電力料金値上げにより、家電公取協は従来の27円/kWh→31円/kWhに単価を改定しました。
当ブログは最新の情報に基づき単価31円/kWhで計算しています。
コンプレッサー式ペルチェ式
1時間4.96円1.86円
12時間59.52円22.32円
24時間119.04円44.64円

電気代を比較した結果、ペルチェ式の方が電気代は安い結果となりました。

コンプレッサー式とペルチェ式除湿機の値段を比較

コンプレッサー式除湿機は、1万4千円台~です。

ベルチェ式除湿機は、5千円台~です。

機種によっても違いますが、約1万円近くペルチェ式の方がお買い得です。

コンプレッサー式とペルチェ式除湿機の室温上昇を比較

コンプレッサー式とペルチェ式除湿機は、湿った外気を取り込んで、空気を冷却して水分を結露して取り除きます。水はタンクにたまり、乾いた空気を放出します。

放出された風は、送風のような、少し温く感じました。そのため、1~2℃程ですが室内の温度が上がります。

コンプレッサー式とペルチェ式も室温上昇は変わりはありませんでした。

コンプレッサー式とペルチェ式の除湿機はどっちがおすすめ?

コンプレッサー式とペルチェ式除湿機に違いを比較した上で、どちらがどんな方におすすめか整理していきます♪

コンプレッサー式除湿がおすすめな人

・湿度をすぐに下げたい
・湿度を10%以上下げたい
・快適に過ごしたい
・部屋干しを乾かしたい

除湿機能が高いので、すぐに湿度を下げたいときに向いています。

私は毎日部屋干ししていて、エアコンを付けても湿度80~90%で不快な毎日でした。寒くてもエアコンを付けないといけないのも困っていました。

快適に過ごして、部屋干しも早く乾かしたいという要望をすべて叶えてくれました^^

湿度が低くなったので、エアコン27℃で快適になりました。

エアコンの電気代節約になりました!

ペルチェ式除湿がおすすめな人

・クローゼットで使用したい
・3畳程度で使用したい
・時間がかかってもいい

ペルチェ式で1~2時間で湿度を下げるのは不可能です。24時間で5%前後下がればいいという方に向いています。

クローゼットや狭い空間の湿気を取りたいときに向いています。商品には8~15畳対応と書いてあるものもありますが、かなり厳しいと思います。

少し広めの空間ならサーキュレーターを併用して空気を循環する必要があります。

 

以上、コンプレッサー式とペルチェ式除湿機はどちらがおすすめかについてお伝えしました。

除湿機能にかなり差があるので、用途をよく考えて購入されてくださいね♪

除湿機コンプレッサー式とペルチェ式の違いを比較!6つの違いとどっちがおすすめ まとめ

除湿機のコンプレッサー式とペルチェ式の違いを比較して徹底解説しました。

コンプレッサー式とペルチェ式の除湿機の6つの違いを比較しました。

1.コンプレッサー式とペルチェ式とは?
2.除湿機能を比較
3.音の静かさを比較
4.電気代を比較
5.値段を比較
6.室内温度の上昇を比較

今回、コンプレッサー式とペルチェ式除湿機の違いを理解せず購入してしまいました。

きちんと理解した上で、どちらが合っているか選んでいただければ幸いです。

部屋干しをする、すぐに湿度を下げたい、毎日湿度80%で不快…に当てはまる方はコンプレッサー式一択だと思いますよ^^

逆にクローゼットなど人がいない空間で24時間つけっぱなしで湿気を取りたいときには、ペルチェ式除湿機が向いています。

ペルチェ式除湿機は、電気代が安いのでつけっぱなしでも安心ですよ♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

✅今回比較した除湿機は、最近購入しましたこちらを参考にしています。

◆コンプレッサー式除湿機

▼関連記事はこちらです♪

ビアンカプラスコンプレッサー式除湿機の口コミレビュー!電気代と音の静かさは?

◆ペルチェ式除湿機

コメント