リンサークリーナーRNS-B400DとRNS-P10-Wを比較!5つの違いを解説

リンサークリーナーRNS-B400DとRNS-P10-Wを比較!5つの違いを解説 生活家電
リンサークリーナーRNS-B400DとRNS-P10-Wを比較
記事内に広告が含まれています。

アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-B400DとRNS-P10-Wの違いを徹底解説します!

コードレスタイプRNS-B400DとRNS-P10-Wを比較したところ、違いは以下の5つでした。

1.RNS-B400Dは、コードレスになった
2.RNS-B400Dは、2種類の水の噴射ができる
3.水のタンクの大きさが違う
4.本体の大きさが違う
5.価格が違う
大きく違うのは、「コードありか、コードレスか」、「価格」の2点です。
本文にて詳しくお話していきますね♪

 

▼リンサークリーナーコードレスRNS-B400Dはこちらです♪

>>コードレスRNS-B400Dの口コミ、機能はこの記事で紹介しています。

▼お買い得なリンサークリーナーRNS-P10-Wはこちらです♪

>>RNS-P10-Wの口コミ、機能はこの記事で紹介しています。

✅充電式でサッとお掃除しやすいコンパクトなハンディタイプです。

アイリスオーヤマハンディリンサークリーナーの口コミ!充電時間と使い方は?
アイリスオーヤマから発売されたハンディリンサークリーナーRNS-B200Dの口コミをご紹介します。また、充電時間と使い方についてもお伝えしていきますね。

アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-B400DとRNS-P10-Wの違いを比較!

コードレスタイプRNS-B400DとRNS-P10-Wを比較したところ、違いは以下の5つでした。

1.RNS-B400Dは、コードレスになった
2.RNS-B400Dは、2種類の水の噴射ができる
3.水のタンクの大きさが違う
4.本体の大きさが違う
5.価格が違う

それぞれの違いを詳しく説明していきますね♪

RNS-B400Dは、コードレスになった

コードレスタイプRNS-B400Dは、コードレスタイプなので、電源のないところでも使えるようになりました。

今まで電源がないから使用できないとあきらめていた所の掃除におすすめです♪

コードレスになりかさばるコードがなくなりました。ホースは背面に収納できますので、見た目もスッキリして、さらにコンパクトに収納できるようになりました。

コードレスRNS-B400Dの充電時間は、約4時間です。

連続使用時間は、約10分です。

コードレスで稼働時間がもう少し欲しいという方には、バッテリーが2つ付いたRNSK-B400Dがあります♪

▼バッテリーが2つ付いたタイプRNSK-B400Dはこちらです!

【アイリスオーヤマ】リンサークリーナーコードレスRNSK-B400D-W

2種類の水の噴射方法ができる

リンサークリーナーコードレスRNS-B400Dは、使い方に応じて2種類の水の噴射方法を選べます。

直射タイプは、頑固な汚れのときに役立ちます。ペットの粗相や古い汚れに向いています。

霧吹きタイプは、広い範囲に水を吹きかけるときに便利です。カーペットやソファの広い範囲の汚れに向いています。

このように、使う場所や汚れに応じて使い分けましょうね!

水のタンクの大きさが違う

コードレスRNS-B400Dは、清水タンク、回収タンクともに0.4Lです。

RNS-P10-Wは、清水タンク1.1L、回収タンク0.4Lです。

本体の大きさが違う

コードレスRNS-B400Dは、

  • 重さは2.4kg
  • 幅23cm×奥行き21.2cm×高さ27.7cm

RNS-P10-Wは、

  • 重さは3.2kg
  • 幅29cm×奥行き18cm×高さ27cm
  • ホースの長さ約1.2m、電源コード約3m、ハンドツール約0.2m=合計約4.4m

価格が違う

RNS-B400DとRNS-P10-Wの価格を比較していきます。

コードレスタイプRNS-B400Dは、30,580円(税込み)です。

RNS-P10-Wは、16,980円(税込み)です。

RNS-B400DとRNS-P10-Wの価格差は、約1万4千円程です。

店舗や時期によって値段が違いますので、ご自分でご確認してみてくださいね。

どちらが自分に合っているのかよく考えてお買い物したいですね!次の項目でどっちがおすすめか詳しくお話していきます♪

参考にされてくださいね。

▼リンサークリーナーコードレスRNS-B400Dはこちらです♪

>>コードレスRNS-B400Dの口コミ、機能はこの記事で紹介しています。

▼お買い得なリンサークリーナーRNS-P10-Wはこちらです♪

>>RNS-P10-Wの口コミ、機能はこの記事で紹介しています。

アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-B400DとRNS-P10-W どっちがおすすめ?

コードレスタイプRNS-B400DとRNS-P10-Wの違いを比較した上で、どちらがどんな方におすすめか整理していきます♪

コードレスタイプRNS-B400Dがおすすめな人

・コードレスタイプが欲しい
コードレスタイプRNS-B400Dは、コードレスになったことが最大の特徴です。

コードが届かない、電源のないところでも使いたいと思っていた方におすすめです。

今まで電源がないから使用できないとあきらめていた所の掃除が可能になりました♪

RNS-P10-Wがおすすめな人

・家の中で使う、コードが届く範囲で使用する予定
コードレスタイプRNS-B400DとRNS-P10-Wの最大の違いは、コードがあるかないかです。
この観点で選んでOKです!
RNS-P10-Wは、約1万4千円程安いです。これは大きな差だと思います。
リンサークリーナーを使いたい範囲に、コードが届くならRNS-P10-Wで充分です。

 

RNS-P10-Wのホース、コードの長さは、

ホースの長さ約1.2m、電源コード約3m、ハンドツール約0.2m=合計約4.4m

結論、
コードレスタイプが欲しい:RNS-B400D
家の中で使う:RNS-P10-W
を選ぶと良いですね^^

アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-B400DとRNS-P10-W 共通の機能

ここからはコードレスタイプRNS-B400DとRNS-P10-Wの共通の機能についてお話していきますね♪

ブラシ付きヘッドで頑固な汚れも浮かせる

コードレスタイプRNS-B400DとRNS-P10-Wのハンドツールには、ブラシ付きヘッドが付いています。

水を吹きかけて汚れが浮いているところに、ブラシが汚れを擦すり落とすことができます。

後は汚れを吸い取るだけです♪

運転音が低減になった

コードレスタイプRNS-B400DとRNS-P10-Wは、既存品(RNS-300)と比べて、約10~16デジベル音が静かになりました。

吸引力、パワーは変わらずに、音を抑えることができました。

▼リンサークリーナーコードレスRNS-B400Dはこちらです♪

>>コードレスRNS-B400Dの口コミ、機能はこの記事で紹介しています。

▼お買い得なリンサークリーナーRNS-P10-Wはこちらです♪

>>RNS-P10-Wの口コミ、機能はこの記事で紹介しています。

リンサークリーナーで使える洗剤は?

リンサークリーナーはすべて共通で、水だけで使用できます。しかし、頑固な汚れには洗剤を使いたくなりますよね。

リンサークリーナー専用の洗浄液もありますが、ご自宅にある洗剤でも代用可能です。

代用可能な洗剤は、

  • クエン酸
  • 重曹
  • 強アルカリイオン水
  • 次亜塩素酸水

泡立つ洗剤は故障の原因となるので使用できません。例えば食器を洗うような台所用洗剤などは使用不可です。

頑固な油汚れを落としたい場合は、リンサークリーナーのために開発された専用洗剤を使用してくださいね。

▼ペット、赤ちゃんがいても安心!リンサークリーナー専用洗浄液はこちらです♪

▼頑固な油汚れに!リンサークリーナー専用洗浄液はこちらです♪

アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-B400DとRNS-P10-W 違いの比較まとめ

以上、コードレスタイプRNS-B400DとRNS-P10-Wを比較したところ、違いは以下の5つでした。

1.RNS-B400Dは、コードレスになった
2.RNS-B400Dは、2種類の水の噴射ができる
3.水のタンクの大きさが違う
4.本体の大きさが違う
5.価格が違う

大きく違うのは、「コードありか、コードレスか」、「価格」の2点です。

この2点に着目すると選びやすいかと思います!
リンサークリーナーを使いたい範囲にコードが届くかどうかをチェックすると、分かりやすいと思いますよ(^^)
最後までお読みいただきありがとうございました。

▼リンサークリーナーコードレスRNS-B400Dはこちらです♪

>>コードレスRNS-B400Dの口コミ、機能はこの記事で紹介しています。

▼お買い得なリンサークリーナーRNS-P10-Wはこちらです♪

>>RNS-P10-Wの口コミ、機能はこの記事で紹介しています。

✅充電式でサッとお掃除しやすいコンパクトなハンディタイプです。

アイリスオーヤマハンディリンサークリーナーの口コミ!充電時間と使い方は?
アイリスオーヤマから発売されたハンディリンサークリーナーRNS-B200Dの口コミをご紹介します。また、充電時間と使い方についてもお伝えしていきますね。

コメント